ホームホワイトニング 効果

ホームホワイトニングの効果的な使用法
PageTop

ホームホワイトニングにおける注意

ホームホワイトニングを行うことで、美しい白い歯が手に入りますし、歯科医院で受ける場合に比べて費用も安く済みます。
しかし、誤った方法で行うと、効果が実感できなかったり、様々な口腔内トラブルを発することがあります。
そこで、ここでは、ホームホワイトニングにおける注意点について紹介していきます。

・ホームホワイトニング後の食事に注意
ホームホワイトニング後の歯はかなりデリケートになっています。
このような状態で、着色料がたっぷり含まれる食物を摂取すると、歯に食物の色が付いてしまうことがあります。
特に、コーヒー、赤ワイン、キムチなど色が濃いものは要注意です。
ホームホワイトニング後の1時間程度は飲食を控えることをおすすめします。
また、煙草のヤニも歯に付きやすいため、ホームホワイトニング直後の喫煙は避けてください。

・長時間つけない
ホームホワイトニングの場合、マウスピースをつけることで歯を白くしていくのですが、長時間付けたからと言って効果が高くなるわけではないのです。
濃度により、装着時間は異なっていますので、くれぐれも支持された時間を守るようにしてください。
もし、長時間付け過ぎた場合、痛みを感じたり、浸みてしまうことがあります。

・長期間継続する
ホームホワイトニングは、歯科医院で使用する薬剤に比べて濃度が低めとなっているため、効果を実感できるまで長期間使用しなければなりません。
長期間続けることで、徐々に歯が白くなっていき、白い歯を維持できるようになります。

・アフターケアが重要
ホームホワイトニングで歯を白くできたら、それで安心というわけではありません。
その後は、白い歯を保てるようにケアを続けなければならないのです。
ケアと言っても特別難しいものではなく、ホワイトニング効果がある歯磨き粉で歯を磨くだけです。
articlbottom

ホームホワイトニングの効果的な使用法

ホームホワイトニングを利用することで、歯を白くすることができます。しかし、正しい仕様方法を実践しなければ、効果を実感できず、時には歯を傷つけるという結果になってしまうこともあります。
せっかく歯を美しくしようとしてお金をかけてまで商品を手に入れたのに、使い方を誤って逆効果となってしまうのでは割に合わないですよね。
費用も1万〜3万円程度と決して安くはありませんので、しっかり効果が得られるホームホワイトニング方法を実践するようにしましょう。

・長期間継続する
ホームホワイトニングを行っても、全く効果があらわれないという場合、十分に時間をかけていないことも考えられます。
ホームホワイトニングは、歯科医院で使用する薬剤に比べて効果のあらわれ方が弱くなっていますので、結果が出るまでに時間がかかります。
効果のあらわれ方は人それぞれですが、大体18回は継続することをおすすめします。

・オフィスホワイトと併用
ホームホワイトニングの効果を高めたいのであれば、オフィスホワイトと併用することをお勧めします。
オフィスホワイトニングは、ホームホワイトニングと併用でき、これにより高い効果を発揮できます。

・正しい使用法で効果が出ない場合、濃度の高いものを使用する
ホームホワイトニングの場合、歯科医院で使用するものに比べて濃度が薄めになっています。もし、短期間で歯を白くしたいのであれば、濃度の高いものを使用すると良いでしょう。ただし、濃度が高いものを使用するにあたっては、歯科医師に相談するようにしてください。特に知覚過敏などの症状がある方については、濃度が高いものを使用すると、歯茎の状態が悪化するケースがありますので注意してください。

お世話になってるサイト⇒ホームホワイトニング
articlbottom
PageTop
Footer